公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

横浜中華街エリアで民泊事業/リストプロパティーズ

2018/08/10 18:00更新

居室内


 リストプロパティーズ(株)は9日、民泊事業への参入を発表。横浜市内の物件で運営を開始した。


 みなとみらい線「元町・中華街」駅徒歩4分、JR「石川町」駅徒歩7分。住宅宿泊事業法(民泊新法)の届出により、自社所有の賃貸マンションを民泊物件として運用する。


 専有面積約68平方メートルの1LDK。ソファベッド2台とダブルベッド2台を備え、最大6人の宿泊が可能。


 宿泊料金は、1泊8,000円から。


 宿泊申込はAirbnbのサイトで受け付け、部屋の管理などは民泊運営代行サービスを手掛けるzens(株)が行なう。