公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

荻窪に女性専用のシェアハウス/Rバンク

2018/10/11 18:00更新

“ハコ”をコンセプトとした女性専用シェアハウス「荻窪no haco」の1室


 (株)Rバンクは11日、58棟目の女性専用シェアハウス「荻窪no haco」(東京都杉並区、総戸数5室)の竣工に伴い、プレス向け物件見学会を行なった。


 同物件は、JR「荻窪」駅徒歩13分に位置。築40年近いアパートを、新築木造2階建てのシェアハウスに建て替えた。2015年竣工の女性専用シェアハウス「荻窪no sora」(東京都杉並区、総戸数7室)所有のオーナーからの2棟目の依頼となる。「荻窪no sora」は現在満室で、平均稼働率は97%を維持している。


 「荻窪no haco」のコンセプトは「ハコ」、各居室の窓は正方形とし、棚や小物も四角形に統一した。玄関扉を開けてまっすぐの床は、小石を敷き詰めた洗い出し仕様に。下駄箱、バス、キッチン等の共用部分には、各居室ごとの収納スペースを設けている。
 また、ホームセキュリティの導入や、複製できないカードキーの採用など、セキュリティ面も強化した。


 各居室は、「ビーズ」「真珠」「ボタン」「ビー玉」「押し花」と女性らしいネーミングに。専有面積は9.37〜9.78平方メートル、賃料は5万3,000〜5万8,000円(共益費は月額1万5,000円)。総工費は3,500万円(税込み)。
 10日ほど前から同社ホームページで入居募集を開始、すでに2組の申し込みがあるという。











玄関扉を開けてすぐの床は洗い出し仕様に




共用のキッチンには、各居室ごとの収納スペースを設けている