公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

23区の投資用区分M利回り、最高は葛飾区

2019/03/14 18:00更新

 健美家(株)は13日、「投資マンション利回りランキング:東京23区編」を発表した。2018年に同社が運営する不動産投資・収益物件情報サイトに、東京23区で新規登録された区分マンションを対象に、平均利回りを算出した。


 東京23区全体の区分マンションの平均利回りは5.89%(前年比0.05ポイントプラス)と改善した。23区のうち14区で利回りが改善し、横ばいが1区、低下したのが8区となった。


 区別では、利回りが最も高かったのは葛飾区の7.57%(前年比0.26ポイントプラス)。2年連続の1位だった。2位は足立区の7.27%(同0.03ポイントマイナス)、3位は中野区の6.39%(同0.26ポイントプラス)となった。最も低かったのは千代田区の5.02%(同0.20ポイントマイナス)で、マイナス幅も最も大きかった。