公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

COREDO室町テラス、大型書店中心に「価値ある時間」を

2019/06/12 18:00更新

「誠品書店(書籍ゾーン)」イメージ


 三井不動産(株)は11日、9月27日にグランドオープンする商業施設「COREDO(コレド)室町テラス」(東京都中央区)の出店店舗について、報道陣向け説明会を開催した。


 同施設は、3月に竣工した東京メトロ「三越前」駅直結の「日本橋室町三井タワー」の地下1階〜地上2階に位置。「価値ある時間」を過ごす場所をテーマに、2階のメインテナントには、日本初進出となる台湾・香港などで展開する大型書店「誠品書店」を誘致した。そのほか日本初出店を含む30店舗が出店する。


 地下鉄とつながる地下1階には、モーニング、ランチから飲み会までオールデーで利用できるライブ感あふれる飲食店9店舗が出店。広場からつながる1階は、憩いと集いのフロアとして、手土産に最適な雑貨や、食のセレクトショップなどの物販、飲食店で構成する。


 メインテナントとなる「誠品生活日本橋」は2階ワンフロアを活用。くらしと読書のカルチャー・ワンダーランドをテーマに、「誠品書店(書籍)」「文具」「セレクト物販・ワークショップ」「レストラン・食物販」の4つのゾーンで構成し、約50の台湾ブランド含め約100ブランドの商品を揃える予定。空間設計は台湾を代表するデザイナークリス・ヤオ氏が手掛け、運営は(株)有隣堂が行なう。


 同日会見した同社商業施設本部アーバン事業部事業推進グループ長の清水 原氏は、「開業により、日本橋がさらに魅力あふれるまちとなることを確信している。1階エントランスの、約1,500平方メートルの憩いの空間となる大屋根広場も含め、施設一体となって新たな都心での過ごし方を提案していく。これからも“残しながら、蘇らせながら、創っていく”をコンセプトにさまざまな機能、過ごし方を提案し、日本橋エリアの発展・活性化に寄与していきたい」などと抱負を述べた。



「日本橋室町三井タワー」外観