公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

都心5区ビル空室率、8ヵ月ぶり0.7%台に

2019/07/11 18:00更新

 三幸エステート(株)は11日、2019年6月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(基準階貸室面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。


 東京都心5区の空室率は0.78%(前月比0.17ポイント増)と、8ヵ月ぶりに0.7%台まで上昇した。大規模ビル2棟がまとまった面積の空室を抱えて竣工したため。それぞれ強い引き合いを集めているため、空室は徐々に解消されるとしている。現空面積は5万1,664坪(同9,806坪増)。


 1坪当たりの募集賃料は3万257円(同152円増)と上昇。3ヵ月連続で上昇した。募集条件を引き上げる動きが広がるなど、貸し主の強気な姿勢が鮮明となっている。募集面積は23万7,869坪(同1万4,694坪減)となった。


 全国6大都市の空室率は、東京23区が1.0%(同0.2ポイント増)、札幌市1.4%(同0.2ポイント減)、仙台市4.4%(同0.2ポイント減)、名古屋市1.6%(同0.4ポイント減)、大阪市1.4%(同増減なし)、福岡市1.3%(同0.1ポイント減)。