公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

東京ロジスティクス、空室率が3.3%

2019/08/13 18:00更新

 JLLは13日、2019年第2四半期の東京ロジスティクス市場における空室率および賃料を発表した。


 東京圏の空室率は3.3%(前期比0.8ポイント低下、前年同期比1.1ポイント低下)。地域別では、東京ベイエリアが0.0%で前期比、前年同期比ともに横ばい、内陸エリアが5.2%(前期比1.1ポイント低下、前年同期比1.7ポイント低下)だった。


 東京圏の賃料は、月額坪当たり4,274円(前期比0.5%上昇、前年同期比1.4%上昇)。東京ベイエリアにおける新規供給の賃料水準が賃料上昇を牽引した。東京ベイエリアは前期比0.6%上昇、前年同期比3.0%上昇、内陸エリアは前期比0.1%下落、前年同期比0.2%上昇だった。


 今後は、19年と20年に大規模な新規供給が予定されているものの、今後も需要は堅調となると予測されることから、空室率の上昇は限定的となる見込み。賃料は、既存と新規供給とも概ね安定的に推移するとみている。