公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

投資用一棟マンション、過去3年で最安値に

2019/10/09 18:00更新

 (株)ファーストロジックは8日、同社サイト「楽待」における投資用不動産市場調査(7〜9月期)の結果を発表した。2019年7月1日〜9月30日に、同サイトに新規掲載された全国の投資用物件を調査したもの。


 区分マンション(2万8,773件)の表面利回りは、7月が7.14%(前月比0.03%減)、8月が7.68%(同0.54%増)、9月が7.72%(同0.04%増)。
 物件価格は、7月が1,663万円(同5万円減)、8月が1,585万円(同78万円減)、9月が1,582万円(同3万円減)と、3ヵ月連続で下落した。


 1棟マンション(4,913件)の表面利回りは、7月が7.83%(同0.32%減)、5月が8.15%(同0.32%増)、9月が8.12%(同0.03%減)とほぼ横ばい。
 物件価格は、7月が1億8,288万円(同1,045万円増)、8月が1億7,005万円(同1,283万円減)、9月は1億7,250万円(同254万円増)8月は過去3年間で最安値となった。


 1棟アパート(2万3,886件)の表面利回りは、7月が9.34%(同0.03%増)、8月が9.31%(同0.03%増)、9月に9.42%(同0.11%増)。
 物件価格は、7月が6,556万円(同153万円増)、8月が6,316万円(同240万円減)、9月が6,257万円(同59万円減)。8・9月は2ヵ月連続で下落した。