公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

草加の分譲マンション販売開始/東武鉄道他

2019/11/08 18:00更新

分譲マンション「ソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン」イメージ


 東武鉄道(株)は、住友不動産(株)と開発を進めている分譲マンション「ソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン」(埼玉県草加市、総戸数ザ・パーク274戸、ザ・ガーデン200戸)の販売を開始する。


 東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」駅徒歩9・10分に位置。ザ・パークの敷地面積1万416.68平方メートル、延床面積2万2,705.02平方メートル、鉄筋コンクリート造地上10階建て。竣工は2020年12月下旬、引き渡しは21年3月下旬の予定。ザ・ガーデンの敷地面積7,636.64平方メートル、延床面積1万6,588.71平方メートル、鉄筋コンクリート造地上10階建て。竣工は20年12月中旬、引き渡しは21年3月下旬の予定。


 日本都市公団(現・(独)都市再生機構)が1964年に建設した「草加松原団地」の建て替えに合わせ、草加市が街路樹、獨協大学、駅前商店や病院など、住環境と暮らしが共存する「松原団地駅西側地区地区計画」を策定。同マンションは、同地区計画内の中心に建設する。


 ザ・パークの第1期販売戸数は31戸で、9日より登録受付を開始する。専有面積は75.30〜81.38平方メートル、間取りは3LDK〜4LDK。販売価格は3,980万〜4,980万円、最多価格帯は3,900万円台(28戸)。
 ザ・ガーデンの第1期販売は12月下旬より。専有面積は70.56〜81.37平方メートル、間取りは1LDK+2S〜4LDK。販売戸数、販売価格ともに未定。