公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

三重県に大規模マルチテナント型物流施設/ESR

2020/01/14 18:00更新

「ESR弥富木曽岬ディストリビューションセンター」完成予想図


 ESR(株)はこのほど、マルチテナント型物流施設「ESR弥富木曽岬ディストリビューションセンター」(三重県桑名郡木曽岬町)の開発を発表。


 三重県道108号木曽岬弥富停車場線沿いで、国道23号「木曽岬IC」から約3km、伊勢湾岸自動車道「弥冨IC」から約11kmの、木曽岬干拓地工業用地の第一期分譲区域内に立地。名古屋港鍋田埠頭コンテナターミナルまで約13km、中部国際空港セントレアまで約46km、名古屋市中心部まで約25kmでアクセスできる場所に位置している。


 敷地面積7万9,095平方メートル、鉄筋コンクリート造・鉄骨造地上4階建て。延床面積は15万3,092平方メートル。
 1〜3階に各60台、合計180台の片面トラックバースを用意。各区画には荷物用エレベーター各1基と垂直搬送機各1基を設置する。1階は低床式倉庫とプラットフォーム型の高床式倉庫を併設。小割対応の設計とし、最大20テナントに分割できる仕様とした。3〜4階はメゾネット式の設計。


 倉庫、事務所、共用部へのLED照明の採用、敷地内の充実した緑化計画、太陽光パネルの設置、断熱性の高いサンドウィッチパネルの採用など、環境維持にも取り組み、CASBEE Aランクの取得を予定している。


 着工は12月、竣工は22年4月の予定。