公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

新型コロナの影響等で業績予想を下方修正/C21

2020/03/26 18:00更新

 (株)センチュリー21 ・ ジャパンは26日、特別損失を計上し、2020年3月期決算(連結)の業績予想の修正を発表した。


 保有する投資先の有価証券について、投資時における事業計画と現在の事業進捗を比較し、事業計画に遅れが生じているとの判断に至った結果、同社が引き受けた投資有価証券の実質価格が著しく低下したため、2億円の投資有価証券評価損を計上したことによるもの。また19 年10月からの消費税増税並びに、第4四半期以降、新型コロナウイルス感染拡大による社会経済の停滞の影響もあり、同社業績への影響も避けられない見込みであるとして下方修正に至った。


 修正後の予想は、営業収益40億6,300万円(前回予想比5.0%減)、営業利益10億5,200万円(同7.7%減)、経常利益11億1,800万円(同10.6%減)、当期純利益5億6,000万円(同34.1%減)とした。