公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

投資ローンの借り換えフローをオンライン化

2020/06/30 18:00更新

サービス利用時の仕組み


 (株)GA technologies の関連会社である(株)RENOSY X(リノシ―クロス)は30日、同社が提供する住宅ローンプラットフォームサービス「MORTGAGE GATEWAY by RENOSY(モーゲージゲートウェイ バイ リノシ―)」(以下、「モーゲージゲートウェイ」)が、(株)MFSが提供する不動産投資サポートサービス「モゲチェック不動産投資借り換えサービス」(以下、「モゲチェック不動産投資」)とAPI連携を開始したと発表した。


 モーゲージゲートウェイは、不動産購入時の住宅ローンの申し込みや審査などのフローを電子化・オンライン化し、システム上で各関係者をつなぐことで、スムーズな情報共有と透明性の高い審査をサポートするサービス。「モゲチェック不動産投資」は、オンライン上で不動産投資ローン借り換えにおけるメリット額の提示や、金融機関への申し込み手続きをサポートしている。


 不動産投資ローンの借り換えに関する審査基準は非公開であることが多く、投資家自ら借り換え先を比較検討することは困難だった。金融機関にとっても、融資の審査や申し込みに必要となる情報はファックスや郵送で送られてくることが多く、柔軟な働き方への対応が進みづらかった。


 今回の連携により、不動産投資家および借り換え先金融機関の間で生じるコミュニケーションや煩雑な作業をオンライン化。投資家は膨大な申込書類に記入をせずに済み、金融機関は「モーゲージゲートウェイ」を通じて、「モゲチェック不動産投資」から不動産投資家のデータを入手し、融資申し込み・審査に係る時間を短縮できるようになる。