公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

長崎で県内最大規模のタワマン/大京他

2020/07/31 18:00更新

 (株)大京を幹事会社とする分譲事業者5社(※)は31日、「新大工町地区第一種市街地再開発事業」で建設中の分譲マンションの名称を「ライオンズタワー新大工町」(長崎県長崎市、総戸数240戸)に決定したと発表した。


 同再開発事業は、約0.7haの開発地において、新大工町商店街を含む中心市街地の活性化実現を目的に推進する。国道34号線を挟み、北街区には商業施設と住宅を、南街区には駐車場と業務施設を設け、2つの街区を歩道橋でつなげる計画。


 同物件は、長崎電気軌道「新大工町」電停徒歩1分に位置する。北街区として開発。建物は、鉄筋コンクリート造地上26階地下1階建て。4〜26階部分が住戸で、1〜3階には商業施設が入居。同県内最高峰のタワーマンションであり、県内最大戸数のマンションとなる。


 住戸は、多様な世代の暮らしに沿うよう、1LDK〜4LDKまで37のプランを用意する。専有面積は50〜140平方メートル台。25・26階には、専有面積100平方メートル超のプレミアム住戸も6戸用意した。


 共用部として、24階に長崎の夜景を一望できるスカイラウンジを用意するほか、ホテルのような居心地のゲストルームも設ける。


 2020年11月上旬より公式ウェブサイトを公開、21年1月にはマンションギャラリーをグランドオープンする計画。建物の竣工は22年10月の予定。


※大京、(株)穴吹工務店、三菱地所レジデンス(株)、NTT都市開発(株)、JR西日本プロパティーズ(株)