公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会

不動産関連ニュース

2018/04/17 18:00更新

日ノ出町に高架下を活用した複合施設/京急


「Tinys Hostel」内観


 京浜急行電鉄(株)は、京急線「日ノ出町」駅〜「黄金町」駅間の高架下スペースに、複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho」(横浜市中区)を28日に開業する。


 同社では、日ノ出町・黄金町エリアにおいて、地域住民・行政・警察と連携し、高架下スペースに文化芸術スタジオの連続的な整備を行なうなど「アートによるまちづくり」を推進。アメリカ発祥のタイニーハウスのメディア運営などを手掛けるYADOKARI(株)との連携により、目新しく、訪れたくなるような空間の創出を図った。


 「日ノ出町」駅徒歩約4分、「黄金町」駅徒歩約7分に立地。敷地面積約536平方メートル。日本初となる高架下のタイニーハウスホステル「Tinys Hostel(タイニーズホステル)」と、カフェラウンジ「Tinys Living Hub(タイニーズリビングハブ)」、水上アクティビティー拠点「Paddlers+(パドラーズプラス)」の3つの施設で構成。


 「Tinys Hostel」は、アメリカで発祥した、自動車で牽引することができる動産(トレーラータイプ)であるタイニーハウスをベースとしたホステルで、“DISCOVERY”“WONDER”“SILENCE”の3つのコンセプトの部屋を用意。1室貸切(2万円〜)とドミトリー(男女別、4,000円〜)の宿泊タイプを選ぶことができる。




公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会