公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会

不動産関連ニュース

2018/04/17 18:00更新

既存マンション成約、3年ぶり前年度割れ

 (公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は17日、2017年度(17年4月〜18年3月)の首都圏不動産流通市場の動向を発表した。


 同年度の首都圏既存マンション成約件数は3万7,172件(前年度比0.7%減)で、3年ぶりに前年度を下回った。都県別では東京都が1万9,275件(同0.5%増)、埼玉県が4,277件(同4.6%減)、千葉県が4,627件(同1.4%増)、神奈川県が8,993件(同2.4%減)。


 成約単価は1平方メートル平均50万6,300円(同4.5%上昇)、成約物件価格は3,253万円(同5.7%上昇)といずれも5年連続で上昇した。成約物件の平均専有面積は64.24平方メートル(同1.1%拡大)、成約物件の平均築年数は20.75年(前年:20.38年)だった。新規登録件数は19万7,207件(前年比1.9%増)となった。


 また、既存戸建住宅の成約件数は1万2,560件(同3.7%減)で3年ぶりに前年度を下回った。新築戸建住宅の成約件数も5,273件(同1.3%減)で3年ぶりに前年度を下回った。


 なお、18年1〜3月の首都圏既存マンション成約件数は9,884件(前年同期比1.6%減)と2期連続で前年同期を下回った。成約単価は1平方メートル平均で51万6,500円(同4.8%上昇)、成約物件価格は3,361万円(同6.8%上昇)。成約物件の平均専有面積は65.06平方メートル(同2.0%拡大)、成約物件の平均築年数は20.59年だった。新規登録件数は5万2,722件(同6.5%増)となった。




公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会