公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会

不動産関連ニュース

2018/05/17 18:00更新

首都圏分譲マンション賃料、全体的に弱含み

 (株)東京カンテイは17日、2018年4月の三大都市圏分譲マンション賃料推移を発表。分譲マンションが賃貸された場合の募集賃料を、1平方メートル当たりに換算して算出した。


 同月、首都圏の分譲マンション1平方メートル当たり平均賃料は、2,760円(前月比1.2%上昇)と、高水準を維持した。ただ、賃料水準の高い東京都の事例比率がアップしたことによるもので、都県別でみると東京都3,340円(同横ばい)、神奈川県2,184円(同1.6%低下)、埼玉県1,626円(同0.3%低下)、千葉県1,565円(同1.1%低下)と東京都は横ばいで、それ以外も弱含んだ。


 近畿圏は、1,861万円(同0.6%低下)。主要府県では、大阪府が2,204円(同0.1%低下)、兵庫県が1,659円(同0.8%低下)となった。大阪府は18年1月をピークに弱含み傾向だが、2,200円台水準はキープしている。


 中部圏は1,777円(同1.4%低下)。愛知県は1,818円(同1.8%低下)となった。




公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会