公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会

不動産関連ニュース

2018/07/12 18:00更新

近鉄不など5社、大阪・八尾市で大規模戸建て団地


完成予想図(シエリアガーデン八尾曙川南・プラネシーン八尾曙川南)


 大林新星和不動産(株)、関電不動産開発(株)、近鉄不動産(株)、住友林業(株)、阪急阪神不動産(株)の5社は、大規模戸建て団地「きらら★シティ八尾曙川南」(大阪府八尾市、178区画)のモデルハウスを14日に公開。21日に販売を開始する。


 近鉄大阪線「恩智」駅徒歩3分に立地。総開発面積は20万平方メートル超。八尾市の地区計画規制により、宅地には20%の緑化率を確保。建物の色彩も周囲の景観と調和する落ち着いた色調とした。住戸全邸敷地面積100平方メートル以上、長期優良住宅認定、耐震等級「3」を取得する。各邸には関西電力グループの関電セキュリティ・オブ・ソサイエティ(関電SOS)のホームセキュリティを標準装備。まち全体を巡回警備する。


 第1期販売は、大林新星和不動産(プラネシーン八尾曙川南)が木造軸組工法2階建て6戸(4LDK、96.36〜103.87平方メートル)、関電不動産開発(シエリアガーデン八尾曙川南)が木造枠組壁工法2階建て7戸(4LDK、100.55〜121.42平方メートル)、近鉄不動産(ローレルフォーチュン八尾曙川南)が木造枠組壁工法2階建て10戸(3 LDK ・4LDK、83.63〜99.36平方メートル)、住友林業(フォレストガーデン八尾曙川南)が木造軸組工法2階建て6戸(4LDK、104.00〜115.50平方メートル)、阪急阪神不動産(ハピアガーデン八尾曙川南)が木造軸組工法2階建て10戸(4LDK、89.84〜94.24平方メートル)。販売価格はいずれも未定。




公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会