不動産関連ニュース

2019/04/11 18:00更新

既存M成約価格、67ヵ月連続でプラス

 (公財)不動産流通推進センターは11日、全国の指定流通機構における2019年3月の売買成約状況を発表した。


 既存マンションの成約件数は7,904件(前年同月比9.82%増)と2ヵ月連続のプラスとなった。成約価格は2,818万円(同3.69%上昇)、平方メートル単価は42万2,400円(同3.00%上昇)と、ともに67ヵ月連続でプラス。


 また、既存戸建住宅の成約件数は3,908件(同10.02%増)と5ヵ月連続でプラス。成約価格は2,324万円(同2.44%下落)と再びマイナスに転じた。建物面積は112.49平方メートル(同0.25%減)、土地面積は189.67平方メートル(同0.23%増)。




Copyright (c) All Japan Real Estate Federation. All Rights Reserved.