不動産関連ニュース

2019/07/01 18:00更新

フラット35金利、2ヵ月連続で下落

 (独)住宅金融支援機構は1日、取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の7月の適用金利を発表した。


 借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は、年1.180%(前月比0.090%下落)〜1.870%(同0.090%下落)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は、年1.180%(同0.090%下落)と、2ヵ月連続の下落だった。


 借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、年1.120%(同0.090%下落)〜1.810%(同0.090%下落)。最頻金利は年1.120%(同0.090%下落)で、2ヵ月連続の下落。


 また、フラット50の金利は、融資率9割以下の場合が年1.590%〜2.090%、9割超の場合が年2.030%〜2.530%。




Copyright (c) All Japan Real Estate Federation. All Rights Reserved.