記事検索一覧

2020/7/6

不動産ニュース 2020/7/6

地域の空き家利活用のモデル事業を採択

国土交通省は6日、2020年度「地域の空き家等の流通・利活用に関するモデル事業」の採択結果を公表した。地方公共団体と宅地建物取引事業者が連携し、地域の空き家等の利活用などを促すことで、新たなビジネスモデルにつながるような先進・先例的な取り組みを...

2020/7/2

2020/6/29

不動産ニュース 2020/6/29

空き家運用「満足」が66%

(株)ジェクトワンが運営するアキサポ空き家総研は29日、空き家の所有者・運用者それぞれの意識実態調査の結果を発表した。1都3県に空き家を所有もしくは運用している30~60歳代の男女が調査対象で、所有者・運用者、それぞれ300人ずつを調査した。

2020/6/26

不動産ニュース 2020/6/26

住生活基本計画見直しへ中間とりまとめ案

国土交通省は26日、社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長:中井検裕氏(東京工業大学環境・社会理工学院長))の52回目となる会合をWeb形式で開催。住生活基本計画見直しへのたたき台となる中間とりまとめ案について議論した。

2020/6/17

不動産ニュース 2020/6/17

起業家に空き家を紹介する事業者決定/東京都

東京都は、起業家からの都内の空き家に関する相談対応や物件紹介を行なうコーディネーターの採択者を決定した。(株)スピーク(東京都新宿区)、(株)スマートライフデザイン(東京都墨田区)、(株)タウンキッチン(東京都小金井市)、(株)トランスリアル(...

2020/6/15

不動産ニュース 2020/6/15

ランドバンク活用等のモデル調査、6団体を決定

国土交通省は15日、令和2年度「ランドバンクの活用等による土地の適切な利用・管理の推進に向けた先進事例構築モデル調査」において、6件を支援対象に決定した。同調査は、管理不全土地等対策について、行政と民間の専門家等により構成し、地域における相談体...

2020/6/12

不動産ニュース 2020/6/12

流通活性化へ、必要な施策を提言

国土交通省は12日、第51回社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長:中井検裕氏(東京工業大学環境・社会理工学院長))をWeb会議で開催。住生活基本計画の見直しの論点について議論を進めた。

2020/6/8

不動産ニュース 2020/6/8

ウィズコロナの郊外住宅地再生手法を議論

大和ハウス工業(株)、ミサワホーム(株)、(株)東急不動産R&Dセンター、東京大学最先端科学技術研究センターは6日、「郊外住宅地再生フォーラム2020」をオンライン開催した。4者は19年10月1日に「郊外住宅地再生」社会連携研究部門を同...

2020/6/2

2020/5/28

不動産ニュース 2020/5/28

総世帯の約23%が災害リスク地域に居住

国土交通省は28日、社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長:中井検裕氏(東京工業大学環境・社会理工学院長))の3回目となる勉強会を、コロナ禍に対応してオンラインで開催した。今回は「住生活関連産業や新技術」と「まちづくり」の視点から住生活基本...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフター/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/8

「記者の目」更新しました!

人とまちをつなぐ商店街の『寄合所』」配信しました!
国際観光都市として知られる岐阜県高山市だが、観光の目玉である「古いまち並み」に隣接する中心市街地の商店街は、空き店舗化が進んでいる。地域を盛り上げようと、地元のある不動産事業者が立ち上がった。