不動産ニュース / 調査・統計データ

11年度の首都圏分譲戸建、契約戸数は約5万9,000戸。契約率は22%/アトラクターズ・ラボ調査

 アトラクターズ・ラボ(株)はこのほど、2011年度の戸建分譲分析結果を発表した。インターネットポータルサイト上で販売広告された全物件を収集・分析したもの。戸建分譲とは、新設住宅着工統計の「分譲の戸建」を指す。

 同年の、新設住宅着工における全国の新規販売戸数は11万7,979戸(前年比4%増)、同期間中の契約戸数は11万2,350戸、契約率24%だった。東日本大震災の影響により、5~7月にかけ契約率が20%を割り込み、1年間を通じた契約率も、好調の目安となる25%を割った。

 首都圏の分譲戸建は5万7,724戸(同7%増)。契約戸数は5万9,553戸、契約率は22%だった。契約戸数が着工戸数を上回っているのは、震災による2週間余の販売物件が、4月以降にずれ込んだため。契約率が22%と全国平均を下回っているのは、震災前まで土地仕入れを強化してきたパワービルダーが、夏以降に販売量を増やし、市場の販売中戸数が増加したため。

 また、戸建分譲の契約価格は、全国平均3,144万円、首都圏平均3,506万円。販売価格は、全国平均3,251万円、首都圏平均3,594万円。全国、首都圏ともに、震災後の5.6月と平均価格は下落したが、その後回復。全国価格は3,150万円前後、首都圏価格は3,530万円前後で安定推移した。

NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2017年5月号 介護施設、シェアハウス、ゲストハウス、カフェなど…
空き家活用の可能性を探っています

税制・法律・行政情報などの実務に役立つ情報も! ご購読はこちら

ピックアップ書籍

マンション管理士合格講座/ 管理業務主任者合格講座アットホームスタディ

マンション管理士または管理業務主任者の資格取得を目指す方へ

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

お知らせ

2017/4/20

不動産用語集「R.E.words」、新たに29語追加

不動産用語集「R.E.words」(http://www.re-words.net)の内容を充実させるため、定期メンテナンス作業を行ないました。


今回は、「宅建業法関連」住宅・不動産業政策関連」「民法関係」などに関連する用語29語を追加。是非ご活用ください!