不動産ニュースと不動産業務のためのサポートサイト

分配金は1万4,000円/DOI21年11月期

 大和証券オフィス投資法人(DOI)は20日、2021年11月期決算を発表した。

 当期(21年6月1日~11月30日)は、営業収益138億8,200万円(前期比7.8%減)、営業利益73億5,100万円(同9.7%減)、経常利益67億8,400万円(同10.1%減)、当期純利益67億9,900万円(同9.9%減)、1口当たり分配金1万4,000円(同増減なし)となった。

 期中、1物件を取得。期末の運用資産合計は60物件、取得価格合計約4,633億円となった。既存テナントとのリレーション強化による内部増床ニーズの取り込みや、プロパティ・マネジメント会社との連携強化などで、期末の稼働率は97.8%となった。

 次期は、営業収益144億4,000万円、営業利益79億7,700万円、経常利益74億1,100万円、当期純利益74億1,000万円、1口当たり分配金1万4,000円を見込む。


最新刊のお知らせ

2022年7月号

不動産実務に役立つ情報が満載!不動産業の未来を覗いてみませんか? ご購読はこちら