不動産ニュース / 開発・分譲

2006/10/20

開発型ファンドリゾートホテル「季の湯 雪月花」完成/アーバンコーポ

「季の湯 雪月花」完成イメージパース
「季の湯 雪月花」完成イメージパース

 (株)アーバンコーポレイションは20日、グループファンド運用会社(株)アーバン・アセットマネジメント(東京都千代田区、社長:松崎和司氏、以下、UAM)のファンドが開発する、箱根強羅温泉のリゾートホテル「季の湯 雪月花」(神奈川県足柄下郡箱根町)が完成し、11月15日プレオープンすると発表した。

 「季の湯 雪月花」は、箱根登山鉄道「強羅駅」前に位置。2005年UAMが組成したファンドが開発を進めてきた。
 今後はホテルの運営会社である、(株)共立メンテナンスに一括賃貸し、保有型ファンド物件として運用を継続する。

 同ホテルは、地上5階地下1階、敷地面積1万167.88平方メートル、延床面積1万1,615.85平方メートル。
 すでに箱根小涌谷で旅館風ホテルを運営する共立メンテナンスのマーケティングに基づき、多様化する個人旅行ニーズに対応した施設づくりをめざしている。宴会場やカラオケルームを併設しない宿泊特化型施設をコンセプトに、シングル、カップル、ファミリーの3タイプ158室を用意。全客室に檜のプライベート露天風呂を設けている。

 今回のリゾート開発型ファンドは、未稼動不動産であった駅前の企業遊休地へのソリューション提供をはじめ、投資家アレンジ、ホテル運営会社とのマッチングや、開発段階における地元地域との対話など、ファンド運用会社としてノンエクイティで開発をフルアレンジした事例となり、ファンドの新しい形を示すもの。
 グランドオープンは12月を予定している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。