不動産ニュース / 開発・分譲

2017/4/10

横浜・みなとみらいに超高層タワーホテル

「(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」完成イメージ

 アパホテルは7日、日本最大級となる「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」(横浜市中区、客室数2,311室)の起工式を執り行なった。

 同ホテルは、みなとみらい線「馬車道」駅徒歩3分、JR根岸線・京浜東北線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅徒歩9分。「北仲道北再開発等促進地区地区計画」B-2地区の一部に立地。鉄骨造(柱CFT)+制震部材(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造、地下)、地上35階地下2階建ての超高層タワーホテル。

 1階・35階にはレストラン・カフェなど飲食店5区画、コンビニエンスストアや売店など2区画に加え、最大600名収容可能な大宴会場を整備する。またリラクゼーションエリアとして、露天風呂付き大浴場、屋外プール、フィットネス・エステなども併設する。

 全館LEDを採用。ガスヒートポンプエアコンにより電気使用量を削減するほか、高効率ガス給湯器、ガス・コージェネレーションシステムにより排熱を有効利用する。Low-E複層ガラス・遮熱カーテンにより断熱効果を向上させるなど、地球環境に配慮している。全客室に、LEDシーリング照明を標準設置するほか、オリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、通常より約20%節水できるオリジナルユニットバス(卵型浴槽、サーモスタット付定量止水栓、節水シャワー)等も備える。また、50型以上の大型テレビを標準設置するほかBBCワールド無料放映やWi-Fi無料接続を導入する。

 起工式前の記者会見において、同社グループ代表の元谷 外志雄氏は、「当ホテルはビジネス需要も多く見込めるが、横浜みなとみらい周辺地区には観光名所が数多く存在することから、都会にいながらリゾート気分も楽しめる『アーバンリゾートホテル』をコンセプトに設計を進めてきた。日本最高層ホテルの『アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>』とともに今後は日本最大のホテルを所有・運営していくこととなるが、当ホテルについても高稼働・高単価を目指していきたい」と述べた。

 なお、竣工は2019年8月31日の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。