不動産ニュース / 開発・分譲

2017/4/10

横浜・みなとみらいに超高層タワーホテル

「(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」完成イメージ

 アパホテルは7日、日本最大級となる「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」(横浜市中区、客室数2,311室)の起工式を執り行なった。

 同ホテルは、みなとみらい線「馬車道」駅徒歩3分、JR根岸線・京浜東北線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅徒歩9分。「北仲道北再開発等促進地区地区計画」B-2地区の一部に立地。鉄骨造(柱CFT)+制震部材(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造、地下)、地上35階地下2階建ての超高層タワーホテル。

 1階・35階にはレストラン・カフェなど飲食店5区画、コンビニエンスストアや売店など2区画に加え、最大600名収容可能な大宴会場を整備する。またリラクゼーションエリアとして、露天風呂付き大浴場、屋外プール、フィットネス・エステなども併設する。

 全館LEDを採用。ガスヒートポンプエアコンにより電気使用量を削減するほか、高効率ガス給湯器、ガス・コージェネレーションシステムにより排熱を有効利用する。Low-E複層ガラス・遮熱カーテンにより断熱効果を向上させるなど、地球環境に配慮している。全客室に、LEDシーリング照明を標準設置するほか、オリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、通常より約20%節水できるオリジナルユニットバス(卵型浴槽、サーモスタット付定量止水栓、節水シャワー)等も備える。また、50型以上の大型テレビを標準設置するほかBBCワールド無料放映やWi-Fi無料接続を導入する。

 起工式前の記者会見において、同社グループ代表の元谷 外志雄氏は、「当ホテルはビジネス需要も多く見込めるが、横浜みなとみらい周辺地区には観光名所が数多く存在することから、都会にいながらリゾート気分も楽しめる『アーバンリゾートホテル』をコンセプトに設計を進めてきた。日本最高層ホテルの『アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>』とともに今後は日本最大のホテルを所有・運営していくこととなるが、当ホテルについても高稼働・高単価を目指していきたい」と述べた。

 なお、竣工は2019年8月31日の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。