お知らせの一覧

お知らせ 2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。
 

お知らせ 2019/9/9

「記者の目」更新しました

地域にフォーカスする『総合住宅展示場』」更新しました!
注文住宅の販売チャネルとして重要に位置にあった総合住宅展示場。しかし、人口減少によって住宅市場の縮小が見込まれる中、テナントである住宅メーカー等は撤退・規模の縮小を進めています。今後、総合住宅展示場には何が必要なのか?運営会社の声を聞きながら、探りました。

お知らせ 2019/9/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号19年10月号の内容を紹介。ショップサイトでご購入できます。
編集部レポートは、「外国人の就労拡大 仲介・管理業への影響は?」。改正入管法の施行によって、急増が見込まれる外国人労働者。それを新たな商機と捉え、既に動き始めた不動産事業者を取材し、そのビジネス手法に迫りました。
特集は、「異業種経験、生かしてます!」。キャットシッター、百貨店社員、歯科助手、料理人…、まったくの異分野から転身した人たちの住人十色のストーリーを紹介!

お知らせ 2019/9/1

「海外トピックス」更新しました

Vol.360 バラの街、ケラーア・ムグーナの先住民族ベルベル人の住戸 【モロッコ】」更新しました!
今回の舞台はモロッコ。その南部の町・カエル・エル・ムグーナは、世界3位のローズオイルの産地です。しかし、「バラの街」を期待して観光に訪れると、少し戸惑うかも…。同地に住むのは、1万年以上前から北アフリカに暮らすと言われるベルベル人。伝統的な日干し煉瓦の家が立ち並ぶその様は、まるで異世界!彼らの暮らしを覗いてみましょう。

お知らせ 2019/8/30

「記者の目」更新しました

IoT・AIを活用した『未来の団地』」更新しました。
全国に約1,500の団地を有する(独)都市再生機構(UR都市機構)は、2030年の未来を見据えた「Open Smart UR」構想を打ち立てました。その内容は、IoT・AIを活用して「スマートな住環境」を目指す、というもの。今回はそのスタートアップモデル住戸、「ヌーヴェル赤羽台」についてレポートします!

お知らせ 2019/8/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号19年9月号の内容を紹介。ショップサイトでご購入できます。
編集部レポートは、「空きスペースを活用 多様化するシェアビジネス」。飲食店舗の休業時間を利用した「間借り」、空き家を活用した「多拠点居住」、倉庫の空きスペースを「個人の物置き」に…等々、シェアビジネスの最前線をレポート!
編集部レポートでは、近年注目を浴びているESG投資、SDGsについて、その概念から分かりやすく解説。今後の企業経営において求められることとは?ぜひご一読ください。

お知らせ 2019/8/1

「海外トピックス」更新しました

Vol.359 世界遺産の街キトの新・旧コントラストがより鮮やかに!空港移転でビルが変わる 【キト市・エクアドル】」更新しました!
南米エクアドルの首都キト。南部にある旧市街は、ユネスコ世界遺産に登録されており、歴史情緒溢れるまちなみとして多くの観光客が訪れています。一方、市内北部は、この2~3年で急激に様変わりし、モダンなデザインのビルがまさに開発ラッシュ!その理由には、キト国際空港の移転が関係しているようで…。

お知らせ 2019/7/11

オンラインショップをリニューアルしました

『月刊不動産流通』や、各種ムック本をお買い求めいただける「不動産流通研究所オンラインショップ」をリニューアルしました。デザインを一新し、グラフィカルで分かりやすいサイトに。新機能として、各号にはキーワードのハッシュタグを設置。気になるキーワードをクリックすれば、関連号が見つけやすくなりました!また、試し読み機能も搭載!メインの特集もチラ見できちゃいます。ぜひ、気になる雑誌をチェックしてみてください。

お知らせ 2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。

お知らせ 2019/7/8

「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」発刊しました

ムック本「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」発刊しました!
地域においてどのような災害が想定されるか、予想されるリスクはどの程度のものか等が記載された地図「ハザードマップ」について、その内容、種類、そこから読み取れる情報、不動産取引の場での活用方法などを解説!
大規模災害に備え、いま必読の一冊です。
弊社ショップサイトからお申込みください。


 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)