不動産ニュース アクセスランキング

不動産ニュースアクセスランキングは昨日から1ヶ月前の期間の最新不動産ニュースアクセスランキングです。

1 不動産ニュース 2022/2/18

改正表示規約、22年9月1日に施行

(公社)首都圏不動産公正取引協議会は16日、不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)改正案の施行日が2022年9月1日に決定したと発表。14日に、公正取引委員会に認定申請(施行規則は変更の承認申請)を行なっていた。

2 不動産ニュース 2022/7/22

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が上棟

森ビル(株)は22日、参加組合員として参画する「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発組合」が推進する「虎ノ門ヒルズ ステーション タワー」(虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発事業A-1街区)が上棟したと発表した。同事業は、東京メトロ日比谷線「虎...

3 不動産ニュース 2022/7/22

駅直結・商業隣接に高評価/東急「南町田」

東急(株)は、定期借地権分譲マンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」(東京都町田市、総戸数375戸)の1期121戸の登録抽選を5日に行ない、161組の登録を集め完売した。同物件は、東急田園都市線「南町田」駅徒歩1分に立地する、地上3...

5 不動産ニュース 2022/7/20

豊洲の三井ガーデンホテルを「プレミア」に

三井不動産(株)、(株)三井不動産ホテルマネジメントは20日、10月1日より「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」(東京都江東区、客室数225室)を「三井ガーデンホテル豊洲プレミア」に名称変更すると発表した。同ホテルは、2020年8月開業。...

8 不動産ニュース 2022/7/29

百貨店跡地にマンション・商業等の複合施設

(株)タカラレーベンは28日、岡島百貨店(山梨県甲府市)の店舗跡地を取得し、住宅、商業、駐車場、公共広場で構成する複合施設を開発すると発表した。(株)岡島が運営する岡島百貨店は2023年2月まで営業を続け、3月に商業施設「ココリ」(山梨県甲府市...

9 不動産ニュース 2022/7/25

赤坂七丁目の再開発で組合設立

日鉄興和不動産(株)、野村不動産(株)は25日、権利者と共に推進する「赤坂七丁目2番地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区)が、東京都知事の認可を受け、7月22日に再開発組合を設立、参加組合員として事業に参画すると発表した。施行区域面積は約1...

10 不動産ニュース 2022/7/26

HARUMI FLAG、7月は408戸登録完売

東京オリンピック・パラリンピックの選手村を活用した分譲マンション「HARUMI FLAG」(東京都中央区)の住宅分譲街区売り主企業10社(※)は26日、7月に発売した全408戸が申し込み済みとなったと発表した。登録申し込み数は5,669組で、倍...

11 不動産ニュース 2022/7/21

渋谷・東急百貨店本店跡地に複合施設計画

東急(株)は21日、2023年1月末で営業を終了する東急百貨店本店(東京都渋谷区)の跡地開発プロジェクト「Shibuya Upper West Project(渋谷アッパーウエストプロジェクト)」の計画概要を公表した。グローバルな投資会社を母体...

12 不動産ニュース 2022/8/3

リバブル、「管理適正評価情報」をサイトに掲載

東急リバブル(株)は3日、(一社)マンション管理業協会運営の「マンション管理適正評価制度」における管理評価について、同社のホームページ内で運用している「中古マンションライブラリー」での情報掲載を開始した。同協会の制度は、分譲マンションの管理状況...

15 不動産ニュース 2022/7/15

内見から退去までキーレスで管理/MIWA

(株)MIWA Akerun Technologies(東京都港区、代表取締役:渡邉宏明氏)は15日、スマートロックを活用した「Akerun.Mキーレス賃貸システム」を発表した。同社は、建築用錠前を展開する美和ロック(株)と、クラウド型IoTサ...

16 不動産ニュース 2022/7/12

横浜市旧市庁舎の再開発PJ、着工/三井不他

三井不動産(株)ら8社(※)は12日、共同で推進している「横浜市旧市庁舎街区活用事業」(横浜市中区)の着工を発表した。JR根岸線「関内」駅徒歩1分、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅徒歩1分、横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り」駅徒歩7分...

19 不動産ニュース 2022/7/4

三井不、初の「ららぽーと」「MOP」複合型施設

三井不動産(株)は4日、開発を進めている「(仮称)大阪府門真市松生町商業施設計画」について、初の「三井ショッピングパーク ららぽーと」と「三井アウトレットパーク(MOP)」との両ブランド複合の大型商業施設「三井ショッピングパーク門真」とすること...

20 不動産ニュース 2022/8/9

銀座の路面店空室率、コロナ禍以降最大の低下

シービーアールイー(株)はこのほど、国内主要店舗(路面店舗)の市場動向に関するレポート「リテールマーケットビュー2022年第2四半期(22年4~6月)」を公表した。東京・銀座のハイストリート空室率は3.1%(前期比1.4ポイント低下)。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。