記者の目一覧

2024/2/5

記者の目 2024/2/5

シン・「趣味人が集う賃貸住宅」

本編は、2021年2月に配信した「9つの『趣味人』が集う」の続き。特定の趣味を持つ入居者がとことん趣味を楽しめる賃貸マンションを建てたオーナーのO氏。

2024/1/26

記者の目 2024/1/26

板金職人が取り組む商店街再生

少子高齢化の進展やユーザーの消費行動の変化により、全国各地の「商店街」がどんどん活気を失っている。そんな商店街を何とかしたいと、地元で長年営業を続けてきた「板金」職人が立ち上がった。

2024/1/10

2023/11/2

記者の目 2023/11/2

顧客にとことん寄り添う仲介営業

地場不動産会社の強みとは何だろうか? 商圏やネットワークの広さ、ブランド力、プロモーション力では大手企業に軍配が上がるだろうが、一つの案件にどれだけ時間が掛けられるか、という点では地場企業も負けてはいない。売買仲介の場合、大手は営業担当者一人が...

2023/10/31

記者の目 2023/10/31

「カスハラ」を許すな!

「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」など、ハラスメントの種類は現在、50種類以上も存在していると言われている。そうした中、マンション管理業界で問題となっているのが「カスタマーハラスメント」(以下、「カスハラ」)。

2023/10/5

記者の目 2023/10/5

原油価格下落もガソリン価格上昇の怪(後編)

原油価格が下がっているのに日本のガソリン価格は右肩上がり…の背景について、解説いただく回の後編。経済ジャーナリストで、月刊不動産流通で「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係に向けて」を連載中の佐々木城夛氏に分かりやすく解説していただ...

2023/10/3

2023/9/13

記者の目 2023/9/13

空き家を「バイク女子」向けシェアハウスに

全国各地で空き家の増加が問題となる中、独自のアイディアで空き家を再生するケースも増えてきている。そんな中、築60年超の空き家を「ガレージ付き」女性専用シェアハウスへと改修、収益物件化した事例があるという。

2023/9/5

記者の目 2023/9/5

「次の関東大震災」に立ち向かうために

関東大震災から100年の節目である今年は巨大災害、とくに「次の関東大震災」ともいうべき首都直下地震への備えに注目が集まっている。そうした中、内閣府(防災担当)総括参事官として2011年3月11日に発生した東日本大震災の緊急対応に当たった小滝 晃...

2023/8/31

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。