記者の目一覧

2023/6/30

記者の目 2023/6/30

“北伊豆”をバズらせる!(前編)

伊豆といえば静岡県の東部に位置する静岡県を代表する観光エリア。豊かな自然、多くの観光スポット、海鮮を中心とするグルメなど、国内観光客のみならず、インバウンドも含め人気を博している。

2023/6/16

記者の目 2023/6/16

未来の交通はどうなる?

2023年4月、改正道路交通法が施行され、自動運転「レベル4」が解禁された。これにより、遠隔監視等を条件にドライバーのいない自動運転車両が公道を走行できるようになった。

2023/6/12

2023/5/22

記者の目 2023/5/22

“サードプレイス”を賃貸物件内に

春から一人暮らしを始めた人にとって5月は、新たな生活、そして自分の部屋にも慣れる時期だろう。入居時には広く感じた部屋も、生活するにつれだんだんと狭く感じたり、逆に雰囲気の違う場所で気分転換したいと思うこともあるかもしれない。

2023/5/19

2023/5/17

記者の目 2023/5/17

注目されるか住宅の“健康効果”

住宅メーカー各社が、商品づくりにおいて、レジリエンス、環境の次のテーマとして掲げているのが、「健康」だ。特に、ここ数年で住宅での健康効果を高めるため、「全館空調システム」等の開発・提案に力を入れる動きが活発化している。

2023/5/12

記者の目 2023/5/12

変わるハザードマップ

4月26日、国土交通省から水害ハザードマップのユニバーサルデザイン化に向けたとりまとめが発表された。視覚障害者をはじめ、あらゆる人が利用しやすいハザードマップのあり方を示している。

2023/4/24

記者の目 2023/4/24

「心理的瑕疵」の解消に挑む

賃貸住宅オーナーや管理会社にとって、避けては通れないトラブルの一つである「心理的瑕疵」。室内で住人が孤独死したり、建物内で人が死ぬなどして一度「事故物件」の烙印を押されてしまうと、賃貸住宅としての価値は長年にわたり毀損する。

2023/4/3

記者の目 2023/4/3

「秀和レジデンス」に愛を込めて

「青い屋根」「白い壁」「アイアン柵のバルコニー」と言えば、1960年代から80年代にかけて東京を中心に供給された「秀和レジデンス」。その個性的なデザインから、初弾物件の供給から50年以上が経過した今でも既存マンション市場では人気の高い物件だ。

2023/3/10

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。