記者の目一覧

2023/8/30

2023/8/24

記者の目 2023/8/24

「里山」のあるマンション

分譲マンションは、都心部の駅前など余程の好立地でない限り、「建てれば売れる」という時代は終わりつつある。そこで不動産各社が力を入れるのが「付加価値」付けだ。

2023/8/18

記者の目 2023/8/18

「間取り」という考えを無くす

マンションは、その歴史の中で「居住者のライフスタイル変化」と常に戦い続けてきた。床面積や部屋数に限りがあるマンションは、コストをかけず間取りを抜本的に変えることは難しい。

2023/8/15

記者の目 2023/8/15

修繕積立金が足りない!

2022年4月、良質な管理を行なっているマンションが市場で正しく評価されることを目的に、「マンション管理計画認定制度」と「マンション管理適正評価制度」がスタートした。マンションの資産性を評価する一要素として「立地」や「建物仕様」が挙げられるが、...

2023/8/8

記者の目 2023/8/8

ホテル、とりづらいのに稼働率は上がっていない…とは?

月刊不動産流通で「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係に向けて」を連載中の佐々木城夛氏に、訪日外国人観光客の増加に伴い発生している“オーバーツーリズム”について、データから実態を推察するインタビュー。後編では、旅行客が増え予約が困難...

2023/8/3

記者の目 2023/8/3

解消が難しいオーバーツーリズム。なぜ?

訪日外国人観光客数の増加に伴い、電車やバスなどの公共交通機関が混雑する“オーバーツーリズム”が懸念されています。ホテルなど宿泊施設についても、全国旅行支援の実施も相まって、かなりの混雑がみられているようですが、実態はどうなのでしょう? 今後順調...

2023/7/20

記者の目 2023/7/20

日常に“銭湯”がある暮らし

昨今のサウナブームにより、若い世代が銭湯に足を運ぶようになっているという。東京・高円寺にある1933年創業の「小杉湯」は、名物のミルク風呂をはじめ、週替わり・日替わり風呂などさまざまな種類の湯を楽しめるとあって、平日は500人前後、休日になると...

2023/7/12

2023/7/7

記者の目 2023/7/7

“北伊豆”をバズらせる!(後編)

人口減少、高齢化が著しい沼津の三の浦地域を「北伊豆」と呼んで“バズらせ”、まちおこしをしようと奮闘する不動産会社、太助合同会社(静岡県沼津市、代表社員:小池佑一郎氏)の取り組みを紹介するレポートの後編。「北伊豆」という呼称を浸透させるためにさま...

2023/6/30

記者の目 2023/6/30

“北伊豆”をバズらせる!(前編)

伊豆といえば静岡県の東部に位置する静岡県を代表する観光エリア。豊かな自然、多くの観光スポット、海鮮を中心とするグルメなど、国内観光客のみならず、インバウンドも含め人気を博している。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。