不動産ニュース / 開発・分譲

2024/7/5

小石川の大規模定借M、反響8,000件超

「リビオシティ文京小石川」完成予想モデル

 日鉄興和不動産(株)は5日、東京建物(株)、中央日土地建物(株)、住友商事(株)と共同で開発中の分譲マンション「リビオシティ文京小石川」(東京都文京区、総戸数522戸)のゲストサロン(モデルルーム)を報道陣に公開した。文京区では稀有な総戸数500戸超のスケールメリット、環境の良さ、定期借地権による初期コストの低さなどが好感され、30歳代の実需ファミリー層を筆頭に事前エントリー数は8,000件を超えている。

 同物件は、東京メトロ丸の内線他「後楽園」駅徒歩12分に立地。敷地面積は約1.2ha。鉄筋コンクリート造一部鉄骨造10階建てのマンション。建設地は共同印刷(株)の本社・工場跡地。同社は隣接地に本社を移転したが、創業の地である同所は売却せず有効活用策を検討していたため、日鉄興和不動産が定期借地権付きマンションの建設を提案した。借地期間は約70年。同社の定借マンションとしては15棟目。施工は(株)長谷工コーポレーション。竣工は2026年11月予定。

 東京を代表する文教地区であり、小石川植物園も近接するなど自然豊かな環境でもあることから、環境配慮に注力。ZEH-M Oriented、認定低炭素住宅、ABINC認証、SEGES認定制度の4つの認証を取得。屋上緑化や太陽光発電、再生エネルギー電力利用などを導入、敷地もふんだんに植栽を施す。ゲストルームに使った植栽類も、建設地で再利用する。

 500戸超のスケールメリットを生かし、マルチラウンジ、ライブラリー、ゲストルーム、ワークブース、屋上テラスなどの共用施設を設置。「後楽園」「春日」両駅とのシャトルバスも運行する。また1階にはスーパーマーケットが入居する。

 住戸は、1LDK~4LDK、専有面積約35~95平方メートル。1LDKが全体の約5%、2LDKが約25%、3LDK約65%、4LDK約5%と、3LDKのファミリー向け住戸が中心。二重床二重天井、天井高2,440mm。食洗器、ディスポーザー、フィオレストーン天板キッチン・洗面所、カップボード、タイル張り廊下、床暖房、モアトリエ(書斎)などが標準。

 今年2月から物件エントリー受付を開始。これまで8,000件を超えるエントリーを集めている。エントリー者の中心は30歳代のDINKS・ファミリー。職業は会社員や医師など。2割強が地元文京区在住で、その他東京23区全域から反響を得ている。広め住戸にはシニア層の反響も多い。7月6日からゲストサロンの事前案内会を開始。すでに800件を超える予約がある。1期販売は10月上旬開始予定。メインボリュームとなる3LDK(71平方メートル)の価格は1億1,000万円台(4階)。モデルルームとなる2LDK(85平方メートル)は1億7,000万円台から。

モデルルーム

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。