お知らせの一覧

お知らせ 2019/4/26

GW休暇のお知らせ

不動産流通研究所は4月27日(金)~5月6日(月)の間、GWの休暇とさせていただきます。

営業開始は7日(火)10時~となります。最新不動産ニュースの更新も、同日18時~となりますのでご承知ください。
また、メール・FAX等でいただいたお問合せ、販売物の申込みなどの対応も7日以降となりますのでご了承ください。

お知らせ 2019/4/22

「記者の目」更新しました

“入居中”物件を1棟リノベ」を更新しました。
物件の競争力アップを狙った、賃貸マンションの1棟リノベ。それは通常、工事の騒音などを踏まえ、全戸空き状態のものを取得、または借り上げして実施するものだ。しかし、神奈川県住宅供給公社が手掛けたあるマンションでは、あえて3分の2が入居中の状態で1棟リノベを決行したという。その狙いとはいったい!?

お知らせ 2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。

お知らせ 2019/4/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年5月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

「令和」に突入する前に、不動産業界の「平成」を振り返ってみませんか?今回の特集は、ズバリ「不動産流通の『平成』」。平成を象徴する不動産業界の出来事をグラビアや年表で紹介。不動産流通、政策、分譲、賃貸管理、オフィスビル、証券化、マンション管理等の分野ごとに、これまでの歩みをまとめました。ぜひご覧ください。

お知らせ 2019/4/1

「海外トピックス」更新しました

vol.355「クルマ大国が総力をあげる電気自動車のシェアライド【ドイツ】」を更新しました!

近年力を入れている国が多い、交通手段のシェア事情。ドイツでは、メルセデス・ベンツで知られるダイムラー社やBMW社など自動車メーカーがシェアライドを先導し、そうしたサービスは市民生活に定着しているようです。

お知らせ 2019/3/26

「記者の目」更新しました

『近隣住民一体型』の分譲地開発(3)」を更新しました
ポラスグループの中央グリーン開発(株)が手掛ける戸建て分譲「パレットコート北越谷フロードヴィレッジ」では、同分譲地の入居者だけでなく、周辺住民をも巻き込んだコミュニティ活性化の取り組みが数々行なわれてきた。19年1月には住民主導により、地域コミュニティの中核施設となる新たな自治会館が誕生したという。

お知らせ 2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。

お知らせ 2019/3/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年4月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

特集は毎年恒例企画「どうなる?2019年の不動産市場」。19年はオリンピックを翌年に控え、また、10月には消費税増税も施行されるなどさまざまな転換期を迎えます。さて、不動産市場はどのように変化していくのでしょうか?12人のアナリストに、「住宅」「オフィス」「証券化」などそれぞれの分野について解説していただきました。

お知らせ 2019/2/18

「記者の目」更新しました

“トキワ荘通り”活性化の拠点に!」を更新しました。
「トキワ荘」をご存知だろうか。漫画好きなら常識かもしれないが、手塚治虫や赤塚不二夫など、名だたる漫画家たちが若き日を過ごしたアパートのことだ。このほど、その跡地に通じる道路、通称“トキワ荘通り”にシェアキッチンがオープン。地域住民のニーズを聞き取り、創業支援や地域活性化を目的に(株)ジェクトワンが手掛けたものだ。既にかなりの反響があるよう…。

お知らせ 2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)