不動産ニュース / その他

2015/4/15

不動産協会賞、幅広いジャンルの3作品を表彰/不動産協会

表彰式の様子
表彰式の様子

 (一社)不動産協会は14日、パレスホテル東京(東京都千代田区)で第4回「不動産協会賞」の表彰式を開催した。

 「不動産協会賞」は、同協会が社会貢献活動の一環として、日本経済や国民生活に関する著作物から選定・表彰しているもの。今回は『ニッポン景観論』(東洋文化研究者・アレックス・カー氏)と『なぜローカル経済から日本は蘇るのか GとLの経済成長戦略』(経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEOオムロン社外取締役・冨山和彦氏)、『空き家問題 1000万戸の衝撃』(オラガHSC(株)代表取締役・牧野知弘氏)の3作品を選定した。

 表彰式で挨拶した選考委員座長の青山 佾(やすし)氏(明治大学公共政策大学院教授)は、「不動産のみにかかわらず、都市や地方再生等、幅広いジャンルから作品を絞り込んだ上で選定した」と話した。
 同協会理事長の木村惠司氏は「人口減少やグローバル化などさまざまな課題に対する適切な取り組みが求められている。協会としても都市や住宅、地方の課題に向けた提言をしていく予定だが、今回選定させていただいた作品を土台に考えていきたい」等と祝辞を述べた。

 受賞作品の詳細は、同協会のホームページ参照。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。