不動産ニュース

2016/12/26

「平成28年度第2回サステナブル建築物等先導事業」、8件を採択/国交省

 国土交通省は26日、「平成28年度第2回サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の採択プロジェクトを決定した。

 同事業は、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募し、採択された事業に対し国が補助を行なうもの。省CO2対策を強力に推進し、住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図ることを目的としている。今回は9月5日~10月20日までの期間で、12件の応募提案があり、学識経験者で構成される評価委員会によって8件が採択された。 

 採択されたのは、建築物(非住宅)/一般部門<新築>で「沖縄浦添西海岸地区における『これからのまちづくり』の中核となる大型商業施設の提案」((株)サンエー浦添西海岸開発)、「虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業」(虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合)、「京都市新庁舎整備」(京都市)、「新市立伊勢総合病院建設計画」(清水建設(株))、「近畿産業信用組合新本店新築工事」(近畿産業信用組合)、「スーパーエコスクール瑞浪北中学校」(岐阜県瑞浪市)、同<マネジメント>で地方中核都市のスマートシティにおける大規模商業施設『ららぽーと』開発計画」(三井不動産(株))。
 建築物(非住宅)/中小規模建築物部門<新築>で、「前川製作所 本社ビル新館計画」((株)前川製作所)。

 詳細は同省ホームページ参照。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。