不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/26

インスペクション、85%超の人が「知らない」

 「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(株)は26日、不動産売買時に必要な用語に関する認知度調査結果を発表した。スマイスターを利用した20歳以上の男女150人が調査対象。

 不動産売買で用いる用語について、「内容まで知っている」「聞いたことがある」「知らない」の3択で回答してもらった結果、「内容まで知っている」という不動産売買用語のトップ3は、「買い取り」(37.3%)、「市街化区域・市街化調整区域」(27.3%)、「元金均等・元利均等」(23.3%)。

 一方、「知らない」不動産用語のトップ3は、「インスペクション」(85.3%)、「レインズ」(82.0%)、「スケルトン・インフィル」(81.3%)となった。

 なお、「内容まで知っている」でトップになった「買い取り」でもその割合は37.3%にとどまっており、不動産売買時に用いられる用語については、全体的に認知度が低いということが浮き彫りとなった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ホームインスペクション

住宅インスペクションを参照。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。