不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/26

インスペクション、85%超の人が「知らない」

 「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(株)は26日、不動産売買時に必要な用語に関する認知度調査結果を発表した。スマイスターを利用した20歳以上の男女150人が調査対象。

 不動産売買で用いる用語について、「内容まで知っている」「聞いたことがある」「知らない」の3択で回答してもらった結果、「内容まで知っている」という不動産売買用語のトップ3は、「買い取り」(37.3%)、「市街化区域・市街化調整区域」(27.3%)、「元金均等・元利均等」(23.3%)。

 一方、「知らない」不動産用語のトップ3は、「インスペクション」(85.3%)、「レインズ」(82.0%)、「スケルトン・インフィル」(81.3%)となった。

 なお、「内容まで知っている」でトップになった「買い取り」でもその割合は37.3%にとどまっており、不動産売買時に用いられる用語については、全体的に認知度が低いということが浮き彫りとなった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ホームインスペクション

住宅インスペクションを参照。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。