不動産ニュース / ハウジング

2018/9/7

配食サービスで高齢者見守り/大阪府住宅供給公社

玄関先配達時の見守りの仕組み

 大阪府住宅供給公社はこのほど、自家焙煎工房カフェ・リトルアイランド(大阪府狭山市、代表:小島和也氏)と連携し、原山台B団地(堺市南区)で、配食サービスを通じた高齢者見守りのモデル事業を開始した。

 泉北ニュータウンにおける高齢化の課題解決のため、企業・NPO・個人事業主などが、公社、泉北高速鉄道(株)などとコラボレーションしたアイディアを提案する「泉北ニュータウン シニア向けサービス創出支援事業」の中から選定された事業。

 公社の団地内のスペースに、配食サービスの販売所を開設。管理栄養士が考えた40品目7種のおかずと十六穀米入りの手作り弁当を販売・配達する。
 偏った食事内容を改善するだけでなく、販売所に訪れることで周囲との関わりを生む。希望者には玄関先へ配達し安否確認につなげることで、高齢者を見守り、孤独死の防止を図る。

 また今後は、配食サービスの拠点を団地内の集会所に移し、食事会のイベント等も実施する計画で、孤食の防止や団地内のコミュニティ形成につなげていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。