不動産ニュース / その他

2019/8/7

柏の葉で熱中症対策や見守りなど新たな住民サービス

 三井不動産(株)は、熱中症対策や見守りなどの住民サービス創出に向け、柏の葉エリア広域にIoTセンサーを設置した。

 三井共同建設コンサルタント(株)、センスウェイ(株)柏の葉アーバンデザインセンターと共に、「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」(幹事企業:三井不動産他)の環境ワーキンググループのプロジェクトとして実施する。

 柏の葉エリア約4平方キロメートル範囲に気温・湿度を観測できるLPWA(低消費電力・長距離通信)の規格に対応したIoTセンサーを7日までに28ヵ所設置。これらセンサーにより集計した気温・湿度データを蓄積・分析し、計測したデータをもとに、まちの緑化箇所の増設や噴水・水景施設の活用など、効率的なヒートアイランド対策をまちづくりの観点から検討していく。また、各拠点の温度・湿度データをもとに、子供の屋外活動や登下校時に、水分補給のアナウンス等、リアルタイムの通知を行なうなどのデータ活用方法も検討していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。