不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/10/16

楽天市場で不動産の購入申し込みが可能に

「楽天市場」の「住宅・不動産ジャンル」ページ

 楽天(株)は16日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、「住宅・不動産ジャンル」を新設し、同サイトを通じた住宅・不動産の購入申し込みを可能とした。

 「楽天市場」では、インテリアや家電など住宅関連用品の販売に加え、リフォームサービスの提供も行なっており、ユーザーの住居に対するニーズが高まっていることから、同サービスを開始した。

 新設したジャンルには、日本ユニシス(株)が運営する、VR内覧しながら住宅購入を検討できる「MY HOME MARKET 楽天市場店」と、(株)LIFULLが運営する、投資用物件のみを扱う「LIFULL HOME’S 楽天モール」の2店舗が出店。
 楽天市場で申し込みした後、ハウスメーカーや不動産会社等と対面した上で契約締結する流れ。

 楽天は、同サイトを通じて成約したユーザーに一定割合の「楽天スーパーポイント」を付与する。また今後は、不動産購入者に対してインテリアや家電などの関連商品の紹介も行なうなど、ユーザーの住居に対するニーズに総合的に対応していく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。