不動産ニュース / その他

2020/2/27

国産桧CLT材使用したログハウス/フェニックスホーム

「CLTログハウス」外観

 ログハウスの販売・施工を全国展開する(株)フェニックスホーム(埼玉県所沢市、代表取締役:松下勝久氏)は27日、国産の桧CLT材を利用した「CLTログハウス」が完成したと発表。同社がオープンする展示場(横浜市保土ヶ谷区)においてモデルハウス兼実験棟として利用していく。

 「CLTログハウス」は、国産桧CLT材を加工し、内外の現しに使用した丸太組構法(ログハウス)の建築物で、国土交通省の「平成30年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採択されている。

 通常のログハウスは高さが150~200mm前後のログ材が使用されるところ、「CLTログハウス」では、900mmの大判パネルを採用。施工の時間と手間を大幅に向上させた。また、同素材は木の収縮を抑制するため、メンテナンスの軽減が見込まれる。さらに耐震性も向上するため、中層の木造建築も可能となる。

 延床面積166.40平方メートル、2階建て。先導事業の実験棟のため市場価格は約4,500万円だが、今後の検証により約3,000万円台を目指していく考え。

内装の現しにもCLT材を利用している

この記事の用語

CLT

木材板を積層接着した厚型のパネル。英語のCrossLaminatedTimberの略で、和訳は「直交集成板」である。CLTは、板の層を繊維方向が直交するように交互に張り合わせたもので、高い寸法安定性、優れた断熱性があるほか、CLTを柱や梁とする構造は軽量で耐震強度を確保できるとされている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!