不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/5/22

会社員・公務員のテレワーク実施率、47%に

 (株)リクルート住まいカンパニーは22日、 「コロナ禍を受けたテレワークの実態調査」の結果を公表した。

 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県在住で、「会社員」(経営者・役員、正社員、契約社員、派遣社員)「公務員」のいずれかに該当し、全業務時間の内テレワークで実施している割合が10%以上の20~64歳の男女が対象。調査サンプル数は1,390サンプル。

 調査では、47%がテレワークを実施しており、19年11月調査時に比較して30ポイント増加。また、テレワーカー(業務における実施割合が10%以上)の71%は新型コロナの影響でテレワークを開始しており、テレワーク実施者全体の83%が、3月頃(学校休校宣言後)以降に開始していることが分かった。

 テレワークに際する不満では、「オン・オフの切り替えがしづらい」(35%)、「仕事専用のスペースがない」(33%)などが上位となった。6歳以下の子供と同居する既婚者では、「子どもを見つつ仕事可能な環境(部屋・スペース)がない」「一人で集中をするスぺースがない」という回答も目立った。

 テレワーク実施場所は、「リビングダイニング(ダイニングテーブル)」が55%と、19年11月調査時に引き続き最も多い結果となった。なお、前回調査時は、テレワークの実施に当たり環境整備をしたテレワーカーは70%いたが、今回は40%となっている。

 また、引き続きテレワークを行なう場合、 テレワーカーの48%が間取り変更を希望し、24%が現在の家からの住み替えを希望している結果となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。