不動産ニュース / その他

2021/9/24

改修工事でCO2排出ゼロへ/サンフロンティア

 サンフロンティア不動産(株)は24日、リプランニング事業におけるリニューアル工事において、CO2排出を実質ゼロとする取り組みを開始したと発表した。

 リニューアル工事(外壁補修工事、内装改修工事、電気設備・空調換気設備・衛生設備改修工事)に伴うCO2排出量を算出し、その排出量相当の再生可能エネルギー由来のJ-クレジットを調達し、実質ゼロカーボンを実現する。2021年8月以降に竣工するすべてのリプランニング物件が対象。

 初弾として、8月竣工の「AKIHABARA CENTRAL SQUARE」(東京都千代田区)、「TERRA PORT MEGURO」(東京都目黒区)において、CO2排出量合計34.63tのカーボンオフセットを実現した。調達したJ-クレジットは、新東海製紙(株)(静岡県島田市)の製紙工場において、ボイラーの熱源を従来用いていた油燃料から街路樹の剪定材や建築廃材の木質チップ燃料(バイオマス)に切り替えることにより創出された再生可能エネルギー由来のもの。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

カーボンニュートラル

人間活動において、二酸化炭素の排出と吸収が相殺されてゼロであることをいう。例えば、植物のからだは空気中の二酸化炭素が固定化されたものだから、その燃焼(バイオマス燃料の利用)によって二酸化炭素が排出されてもカーボンニュートラルである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。