不動産ニュース / その他

2023/2/21

茨城・行方市と子育て支援の取り組み/東急不

基本協定書締結式の様子。(写真左)行方市市長・鈴木周也氏、(写真右)東急不動産(株)執行役員 戦略事業ユニットインフラ・インダストリー事業本部長・西田恵介氏

 茨城県行方市と東急不動産(株)は21日、子育て支援に協力するプロジェクト「みらいをつなぐプレゼント」企画についての基本協定書締結式を開催した。

 同プロジェクトは、行方市と東急不動産の両者から行方市民に対し、出生時、小・中学校入学時、中学校卒業時に記念のプレゼントを実施するという取り組み。プレゼントの内容や実施計画の検討・策定は両者が、物品調達は同社、物品配布は同市が行なう。2023年度は、出生時向けプレゼントには離乳食のアソートセットを、小学生に対しては入学時にタブレットのケース配布を、中学生に対しては入学時にステンレスボトル、卒業時にソーラーモバイルバッテリーを予定している。配布時にはお渡しイベントも企画しており、市民との交流の機会創出につなげる考え。期間は最終事業年度の40年度まで。

 同社は20年10月にリエネ行方太陽光発電所の運転を開始しているが、公募時のプロポーザル内「地域貢献策に係る提案」に基づき同市に提案するに至った。同社が自治体と協力し、子育て支援に協力するプロジェクトに取り組むのは全国初となる。

 協定書締結式で、同市市長の鈴木周也氏は「協定を締結したことにより、本市の次世代を担う子供たちに直接的な支援をしていく。さまざまな場面で協力し、両者の発展につなげていきたい」などと挨拶した。
 同社戦略事業ユニットインフラ・インダストリー事業本部執行役員本部長の西田恵介氏は「お子様が生まれて、成長に合わせてプレゼントしていくという企画。これから巣立っていく子供たちのために取り組んでいく。市とはいろいろなことで連携していきたい」などと述べた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

太陽光発電(システム)

太陽電池によって太陽光のエネルギーを直接に電力に変換する発電方式をいう。太陽電池は、一定の物質に光が照射されると伝導電子が増加する現象(光電効果)を利用して電力を得る装置で、光エネルギーを電力に変換する過程で熱や運動エネルギーの媒介を必要としない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。