不動産ニュース / その他

2003/2/21

ペイントハウス、「ペンタくん」多摩センター店をオープン

上:外観  下:モデル住宅
上:外観  下:モデル住宅

 (株)ペイントハウスは、新築からリフォームまで、多様な住まいのモデルを展示・提案する「住まいのデパート『ペンタくん』3号店 多摩センター店」(東京都多摩市)を22日にオープンすると発表。一般オープンに先立ち、21日にオープニングセレモニーおよび内覧会を開催した。

 先にオープンした大阪店・平塚店に続き、3号店となる多摩センター店は、地上8階地下2階建てで、延べ面積11,222坪と、リフォーム中心のモデル住宅展示館としては、日本最大級のもの。オープニングセレモニーで星野社長が語ったように、「見て、触って、体感して、楽しみながら顧客が参加できるリフォーム・家づくり」がコンセプトとなっている。また同社は、部材の製作から販売・施工までの1社完結型事業態勢をめざしており、「多摩センターが、全国展開の第一歩となる」(星野社長)という。
 同店の最大の特長は、1階から3階までの吹き抜けフロアに「戸建て丸ごとリフォームモデル住宅」5棟、関連会社である(株)ホーメストの「戸建て新築モデル住宅」6棟の計11棟の戸建て住宅が街並みをつくっている点。4階から7階の各フロアにはコストパフォーマンスの高いオリジナル商品を駆使した部位別のリフォームモデルの展示、国内外1流メーカーの商品を多数展示した水回りコーナー、コミュニティビジネスコーナー(店舗用の物件探し「不動産屋さんペンタくん」や店舗用リフォーム相談など)が並ぶ。そのほかにも、レストランやキャラクターショップ、和紙彫塑家・内海清春氏の源氏物語館などの文化施設が設けられている。

 なお、同日、同店の外商部発足を目的として、相模原・西東京・多摩センター・川崎・八王子・世田谷・町田の6支店を「住まいのデパート『ペンタくん』3号店 多摩センター」外商部に統合移転することを発表。また、ホーメストの首都圏事業部を新設することを併せて発表した。なお、支店異動に伴う業績への影響については、外商部として店舗を生かした営業活動を展開するため、売上拡大が予想されるものの、具体的な金額等は未定としている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。