不動産ニュース / 政策・制度

2008/7/7

第1回「超長期住宅先導的モデル事業」を決定。応募603件中40件を採択/国交省

 国土交通省は7日、「超長期住宅先導的モデル事業」を採択・決定した。

 同事業は、「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」というストック社会における住宅のあり方について広く国民に提示し、技術の進展に資するモデル事業に対し、国が建設工事費の一部を補助するもの。
 モデル事業は「住宅の新築(戸建て)」、「住宅の新築(共同)」、「既存住宅等の改修」、「維持管理・流通等のシステムの整備」、「技術の検証・情報提供および普及」、「技術の検証」の6部門に分かれている。
 
 2008年4月11日~5月12日の第1回公募には、603件が応募、うち40件が採択された。なお、補助金の額については、今後精査のうえ、決定する。
 各部門ごとの主なモデル事業は下記のとおり。

■住宅の新築(戸建て)
「宮城の伊達な杉の家を創る会」((株)山大)
「三井ホーム超長期住宅システム」(三井ホーム(株))
など、24プロジェクト

■住宅の新築(共同)
「阿佐ヶ谷プロジェクト」((株)構造計画研究所)
「次世代ストック型集合住宅の提案」(康和地所(株))
など、5プロジェクト

■既存住宅等の改修
「民家架構の300年域内継承をめざした住宅再生」(仙台地方伝統建築技術研究会)
「再築システムの家」(積水化学工業(株))
など、4プロジェクト

■維持管理・流通等のシステム整備
「物件情報サイト『不動産BOX静岡』リニューアル案」((社)静岡県宅地建物取引業協会)
「NPO法人住宅長期保証支援センター型超長期住宅先導的モデル事業」(NPO法人住宅長期保証支援センター)
など、5プロジェクト

■技術の検証・情報提供および普及
「可変インフィルの性能評価とその公開」(大阪ガス(株))

■技術の検証
「『ルネッサンス計画』(中層階段室住棟改修共同研究)」(ルネッサンス計画共同研究者)

 なお、第2回公募は8月1日に開始する予定。
 詳細は同省ホームページを参照のこと。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。