不動産ニュース / その他

2009/7/27

軽井沢で「バケーションレンタル」を開始/ARICA

 (株)都市デザインシステムのサスティナブル開発事業部から独立、環境・省エネルギーを中心としたグリーン事業を展開する(株)ARICA(アリカ)は24日、別荘の有効活用サービス「バケーションレンタル」を軽井沢(長野県北佐久郡)で開始したと発表した。

 今回のサービスは、別荘のオーナーがオフシーズンや海外旅行などで使用しない期間だけ別荘のレンタルを行なう、というもの。

 ARICAは、オーナーに対しては荷物の預かり、片付けなど、利用者に対してはフロントサービス、清掃、器材レンタルといったサービスを提供する。

 オーナーは、利用料金の一部を副収入として得られ、また、別荘の利用率を高めることで建物の老朽化を防ぐこともできる。利用者は手軽でリーズナブルに別荘ライフを楽しめる。

 同社では、バケーションレンタルの仕組みを通じて、軽井沢以外にも別荘を保有するオーナーと別荘地域・別荘を利用する顧客を結ぶことによって、それぞれのニーズに合った運用を展開していく予定。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。