不動産ニュース / その他

2009/7/27

軽井沢で「バケーションレンタル」を開始/ARICA

 (株)都市デザインシステムのサスティナブル開発事業部から独立、環境・省エネルギーを中心としたグリーン事業を展開する(株)ARICA(アリカ)は24日、別荘の有効活用サービス「バケーションレンタル」を軽井沢(長野県北佐久郡)で開始したと発表した。

 今回のサービスは、別荘のオーナーがオフシーズンや海外旅行などで使用しない期間だけ別荘のレンタルを行なう、というもの。

 ARICAは、オーナーに対しては荷物の預かり、片付けなど、利用者に対してはフロントサービス、清掃、器材レンタルといったサービスを提供する。

 オーナーは、利用料金の一部を副収入として得られ、また、別荘の利用率を高めることで建物の老朽化を防ぐこともできる。利用者は手軽でリーズナブルに別荘ライフを楽しめる。

 同社では、バケーションレンタルの仕組みを通じて、軽井沢以外にも別荘を保有するオーナーと別荘地域・別荘を利用する顧客を結ぶことによって、それぞれのニーズに合った運用を展開していく予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。