不動産ニュース / 調査・統計データ

2010/8/16

首都圏マンション「買い時感」、来訪者・モニターとも堅調水準を維持/長谷工アーベスト調査

 (株)長谷工アーベストは16日、7月度の顧客マインド調査結果を発表した。首都圏で受託販売したマンションのモデルルーム来訪者および首都圏居住者(以下、モニター)を対象に住宅の「買い時感」について3ヵ月おきに調査、分析しているもの。今回は7月2~5日の間、ウェブサイト上でアンケートを実施し、来訪者418件、モニター2,259件から有効回答を得た。

 それによると、「株価の低下」や「参議院選挙前」という先行きの不透明さが増したなかでの調査となり、「買い時感DI」は、前回調査(2010年4月)に比べ来訪者では「+26」から「+23」に、モニターについても「+2」から「-1」に下降したが、来訪者・モニターともに堅調にスタートした10年1月調査水準を上回った。また、来訪者は販売が好調だった04~05年調査水準で推移している。 

 また、「買い時だと思う」と回答した理由は、来訪者・モニターともに「現在の金利が低水準だから」が最も多く、次いで「現在は価格が低水準だから」「現在は、税制のメリットがあるから」などの「買いやすい市場環境」に関する項目と「今後、消費税率の引き上げが予想されるから」が上位となった。

 一方、一時見合わせの理由をみると、来訪者では「希望に合う物件(広さ・間取り)がない」「価格が希望に合わない」「希望する場所に物件がない」が上位となった。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。