不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2011/2/23

在庫圧縮進め黒字転換。「次期は分譲事業を核に」/日本エスコン10年12月期決算

 (株)日本エスコンは23日、2010年12月期決算説明会を開催した。

 当期(10年1月1日~12月31日)の連結売上高は150億7,900万円(前年同期比▲44.6%)、営業利益14億9,700万円(前年同期:営業損失74億2,400万円)、経常利益6億9,000万円(同:経常損失91億5,900万円)、当期純利益5億2,200万円(同:当期純損失86億 8,500万円)と、黒字転換。「継続企業の前提に関する注記」の記載も解消している。

 当期は、事業再生計画に基づき、在庫の販売および資産の売却などを促進。社債買入消却の実施により16億500万円を特別利益に計上する一方、固定資産の減損損失17億円を特別損失として計上した。

 主力の分譲事業は、前期末完成在庫135戸を30戸に圧縮するなど、早期売却を促進し、順調に推移。アセット開発事業は、資産のスリム化を促進し、「福岡春日プロジェクト」における戸建エリアの一部売却および保有物件の賃料収入が収益に貢献した。
 不動産企画販売事業は、福岡県糟屋郡における商業施設の売却収入および仲介案件などの売上を計上。不動産関連業務受託事業は、リノベーション事業における業務受託などのコンサルティング業務に取組み増収増益となった。

 次期については、分譲事業(不動産販売事業)をコア事業とし、抜本的な事業再生に取り組むとともに、事業再生ADR手続き後、初めてとなる新規案件にも取り組み、事業再生を加速させるとし、連結売上高は112億円、営業利益12億円、経常利益5億円、当期純利益4億9,000万円を見込んでいる。

 同社常務取締役事業本部長の伊藤貴俊氏は、「次期は分譲事業を核とした事業展開をしていく。来年度、再来年度竣工案件の新規仕入れを関西圏を中心に積極的に行なっていきたい」などとコメントした。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。