不動産ニュース / 開発・分譲

2014/3/5

原宿に同社初の新築「ソーシャルアパートメント」を竣工/グローバルエージェンツ、インテリックス

「ソーシャルアパートメント原宿」外観
「ソーシャルアパートメント原宿」外観
モデルルーム。エアコン、クローゼットのみ備え付け。大きな開口部、フローリングの床材の導入や高い遮音性の確保などで過ごしやすい空間に
モデルルーム。エアコン、クローゼットのみ備え付け。大きな開口部、フローリングの床材の導入や高い遮音性の確保などで過ごしやすい空間に
コミュニケーションの“ハブ”となるキッチンは、対面式で会話を楽しみながら料理できる仕様に
コミュニケーションの“ハブ”となるキッチンは、対面式で会話を楽しみながら料理できる仕様に

 (株)グローバルエージェンツと(株)インテリックスは5日、「ソーシャルアパートメント原宿」(東京都渋谷区、総戸数32戸)オープンに伴い、同物件を報道陣に公開した。

 鉄筋コンクリート造地下1階付3階建て。東京メトロ副都心線「北参道」駅より徒歩4分、JR山手線「原宿」駅より徒歩6分に立地。インテリックスが分譲マンション用地として仕入れた土地を有効活用したもの。「立地や収益性の面でシェアタイプの賃貸マンションが合うと判断し、良質な住戸提供に定評のあるグルーバルエージェンツさんに企画や管理などをお願いした」(同社空間設計取締役部長・滝川智庸氏)。同社は建物設計を担当し、「専有部の水回り、収納の配置を工夫することで、ワンフロア当たり10戸を確保した」(同氏)という。

 1階にある約50平方メートルのラウンジのデザインには、大阪のクリエイターチーム「graf」が参加。“文字のエネルギーに触れる”をコンセプトに、大型の本棚を設置し、コミュニティやモノづくりなどをテーマとした本を並べているほか、ダイニングテーブルにもコンセプト内容を英字で彫り込んだ。壁一面を黒板塗装に仕上げ、イベント告知や自己紹介なども書き込めるようにしている。

 専有部は約6畳。シャワー、トイレ、洗面台の水回りも設置し、個室だけでも生活できる仕様にした。賃料は11万3,000~12万9,000円(最多価格帯12万円、別途敷金・礼金や割引プランもあり)。現在19戸が入居済みで、近隣の大手企業勤務者が多いという。グローバルエージェンツ代表取締役の山崎 剛氏は「プライバシーを確保しながらコミュニティを楽しめると好評。竣工前から多数問い合わせをいただいていた」と述べた。

 同社では今後、千葉の船橋、東京の日野、大泉学園で「ソーシャルアパートメント」をオープンしていく予定。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。