不動産ニュース / 開発・分譲

2014/5/21

広島駅前の国有地を落札、複合ビルなど開発/大和ハウス工業他

今回落札した地区の完成予想図
今回落札した地区の完成予想図

 広島テレビ(株)、(株)エネルギア・コミュニケーションズ、大和ハウス工業(株)は20日、財務省中国財務局による二葉の里地区国有地(広島市東区)の一般競争入札に参加、落札したと発表した。落札額は62億3,000万円。

 同地区はJR「広島」駅前で(独)都市再生機構が進めている土地区画整理事業。総開発面積13.8haを、5街区に分けて開発する。今回3社が落札したのは5街区西側の約1万4,800平方メートルで、広島駅に最も近い地区。

 今後3社が土地を分割してそれぞれ保有し、連携・協力しながら開発を進める。広島テレビが5,100平方メートルを保有し新社屋(2016年竣工予定)を計画。エネルギアは3,400平方メートルに事業用ビル(16年竣工予定)を建設する。大和ハウスは、6,300平方メートルに、複合ビルを建設。19年に完成を予定する。

 地区中央には、長さ約100mの「二葉の里通り(仮称)」を公開空地として設ける。また、近隣の渋滞に配慮して、車両の出入りを原則北側のみにする。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。