不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2015/11/16

市況に左右されない安定的な事業基盤構築/フージャースHD

 (株)フージャースホールディングスは16日、2016年3月期第2四半期決算説明会を開催した。決算数値については過去のニュースを参照。

 16年3月期は、首都圏マンション、全国主要都市マンション・再開発、シニア向け分譲マンション、戸建事業、リノベーション・投資の5事業を軸に市況に左右されない安定的な事業基盤の構築を目指す。同社代表取締役の廣岡哲也氏は「当社の従来の郊外型分譲体制などに加え、さまざまな手法を試み、どの事業で体制を整えられるかを見ていく」とし、「インフレとデフレの繰り返しの中で、どちらの時代でも一定の利益を担保できる体制を構築していく」と抱負を述べた。事業ポートフォリオについては、13年3月期より将来の継続成長を念頭に置いた方針へ転換を図っており、当期において5事業それぞれの事業バランスがとれた構成比が実現する見込み。
 
 また、ビジネス機会創出に向けて、営業拠点・事業エリアを拡大。大阪支店・名古屋営業所の新設に加え、九州支店を福岡に開設する予定。さらに、郊外の大規模な土地を取得するプレイヤーがいないこと、建築費高騰に対しても価格転嫁しやすい、インフレにも比較的対応できるといった利点があることからシニア事業に注力していく。シニア向け分譲マンション事業のほか、デイサービス事業にも取り組んでいく。

 通期では、売上高380億、営業利益44億円、経常利益40億円、親会社株主に帰属する当期純利益26億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。