不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2016/8/5

ビル事業の好調や海外事業での物件売却などで増収増益に/三菱地所17年3月期第四半期決算

 三菱地所(株)は4日、2017年3月期第四半期決算説明会を開催した。
 
 当期(16年4月1日~6月30日)の連結営業収益は2,421億4,700万円(前年同期比8.2%増)、営業利益は473億4,000万円(同27.0%増)、経常利益は452億1,900万円(同33.5%増)、当期純利益は274億円(同17.6%増)と、増収増益となった。

 ビル事業では、再開発のためのビル閉館による賃料収入・利益の減少などがあるものの、既存ポートフォリオの賃貸収入・利益や物件売却収入・利益の増加等により増収増益を達成。同セグメントの営業収益は1,116億3,200万円(同5.5%増)、営業利益は326億3,200万円(同8.2%増)を計上した。なお、全国全用途の空室率は2.34%(16年3月期:2.22%)、丸の内エリアは1.29%(同:1.37%)。平均賃料は1坪当たり月額2万5,321円(同2万5,234円)となった。

 住宅事業では、分譲マンションの売上計上戸数が前年同期に比べ減少したものの、粗利益率の改善や物件売却収入・利益が増加。営業収益は708億4,400万円(同2.3%増)、営業利益12億6,900万円(同23.8%増)と増収増益を達成した。分譲マンション販売は、当期末時点で、通期売上予想の74.4%に相当する契約を達成している。

 海外事業では、為替が影響したものの、物件売却などの一過性収益・利益の増加等により、営業収益205億4,000万円(同51.5%増)、営業収益114億7,500万円(同202.9%増)となり、全体の増収増益に寄与した。

 説明会において、同社広報部長の川崎正人氏は「当期はテナントの入れ替えなどがあったものの、空室率は横ばいで推移した。ビル事業は丸の内を中心に好調で、新規物件の契約も順調に推移している」と話した。

 通期については、営業収益1兆1,020億円(前年同期比9.2%増)、営業利益1,750億円(同5.3%増)、経常利益1,500億円(同3.6%増)、当期純利益860億円(同3.1%増)を見込んでいる。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。