不動産ニュース / その他

2016/12/13

「IAUDアウォード2016」住宅設備部門で3点受賞/積水ハウス

オリジナルユニットバスBCH-Vベンチスタイル
オリジナルユニットバスBCH-Vベンチスタイル
安全配慮引き込み戸
安全配慮引き込み戸
把手レス収納開き扉
把手レス収納開き扉

 積水ハウス(株)は、「IAUDアウォード2016」において、「オリジナルユニットバスBCH-Vベンチスタイルの開発」、「安全配慮引き込み戸」、「把手レス収納開き扉」の3点が、「IAUDアウォード 住宅設備部門」を受賞したと発表。

 「IAUDアウォード」とは、国際ユニヴァーサルデザイン協議会が、UD社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行なっている団体・個人を表彰するもの。

 「オリジナルユニットバスBCH-Vベンチスタイル」は、日本人のさまざまな入浴スタイルに合わせ、座ったままの楽な姿勢でシャワーを浴び、身体を洗える可動式ベンチのあるユニットバス。浴槽に入る際に可動式ベンチに一旦腰掛け、安定した座り姿勢で移動しながら入ることができる。高齢者だけでなく、乳児をベンチに座らせて一緒に入る大人が身体を洗う場合も簡単にできるなど、使い勝手に配慮している。

 室内建具の「安全配慮引き込み戸」は、指挟みの危険性を減らすように設計された引き戸。同社では、引き手の形状や身体の動きの検討を重ねることで、分かりやすいシンプル構造でで手をかけやすく、引き込まれにくい形状を開発。安全性・操作性の向上を図りつつ、コストダウンを実現して戸建住宅の標準仕様とした。

 「把手レス収納開き扉」は、扉の小口形状の工夫によりしっかりと指がかけられ、また、扉の枠が表に出ない「アウトセット納まり」を採用し、意匠性に優れた扉を実現。吊り元側での指挟みを防ぐ空き寸法を設け、ソフトクローズ機能を付加するなど、安全性にも十分配慮している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。